【パズドラ】「耐久型シヴァ」編成解説! ギミック対応力が高く攻防バランスも良い! 【パズバト】

news

今回ご紹介する編成はシーズン1「幕開けのキャットコーラス♪」対応の「耐久型シヴァ」です。


最新情報まとめ パズバト攻略DBトップ
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

「耐久型シヴァ」編成解説

ギミック対応力が高く攻防バランスの取れた「シヴァ」に、送りつけと回復力エンハンスを掛け合わせた耐久を主軸とした編成となっています。

耐久型シヴァ 編成


▼覚醒スキル一覧

耐久型シヴァ 覚醒スキル


【編成】

リーダー:
転生シヴァ(25,000G)

モンスター:
暴威の烈龍帝・ヴァルテン(50,000MP)
炎鎖の大魔女・マドゥ(100,000MP+50,000MP)
紅の華龍・バルバドス(構築済みチーム購入「シヴァ」で入手)
桃園の義将姫・関銀屏(10,000MP+5,000MP)
イフリート(5,000MP)

※モンスター購入分と、スタイル変更(+○の数値)にかかるポイントになります。

作成コスト:
25,000G
220,000MP

リーダー「転生シヴァ」

転生シヴァ


スキルは「爆滅の三眼」。この編成の対応力を底上げしてくれるカギとなるスキルです。3ターン相手の防御力を減少できるため、基本的に相手の軽減・高耐久は対策できます。
万が一相手の軽減・高耐久に発動を合わせられなくとも、こちらが消費したスキルは1枚。その他のスキルを残している以上、有利に立ち回りやすいのが非常に優秀なポイントです。

モンスター「暴威の烈龍帝・ヴァルテン」

暴威の烈龍帝・ヴァルテン


妨害としての1枚。後述の「バルバドス」と合わせて打ち、送りつけと高回復でリードを奪います。
また、「ヴァルテン」は水・回復のみに限られる分、他の送りつけスキルよりも確実性があります。その確実性は「敬愛の星海神・アンドロメダ」や「冥黒神・ラー=ドラゴン」など、水・回復が必要となるリーダーが相手であれば、この1枚だけでリードを奪える可能性すら秘めているほどです。

モンスター「炎鎖の大魔女・マドゥ」

炎鎖の大魔女・マドゥ


火属性にとって大きなアドバンテージを稼いでくれるありがたい目覚め持ち。また、ここに悪魔キラーを2個付けておくことで、同対面を見つつ、今シーズンの幅広いリーダーに対して有利を取っていくことができます。

モンスター「紅の華龍・バルバドス」

紅の華龍・バルバドス


「ヴァルテン」とともに使う妨害の1枚。送りつけとしての性能は去ることながら、同時に自身の攻守を固めてくれるのが非常に優秀なポイント。回復倍率も底上げしてくれるため、2枚合わせたときの安心感は凄まじいものです。

モンスター「桃園の義将姫・関銀屏」

桃園の義将姫・関銀屏


「シヴァ」1枚で幅広く相手を見れるため、さらにもう1枚の耐久枠。陣・軽減・回復倍率と、耐久を軸とするこの編成にとってはパーフェクトな存在です。非常に有利を取りやすい、言わば打ち得な1枚となっています。
もし相手がしっかりと軽減・高耐久対策をしている場合には、「ヴァルテン」「バルバドス」と同時打ちするのも1つの手。ただし、スキル効果の重複が痛いため、余程火力面でアドバンテージを取られていない限りは別々に使用する方が良いでしょう。

モンスター「イフリート」

イフリート


同対面を強く見た火力の補強枠。「シヴァ」と発動タイミングをズラすことで軽減・高耐久をより長く対策できる他、より確実にゲージを落としていけるメリットがあります。
また、1ターン目に使用すると、ヘイストのおかげで「ヴァルテン」「バルバドス」のコンボを2ターン目から使用可能にすることもできます。相手が送りつけ対策を万全にしている場合、少しでも送りつけを潰されるリスクを減らすために覚えておきたい立ち回りです。

調整ポイント

リードを奪うため「ヴァルテン」「バルバドス」は必須、合わせて打つと驚異的な耐久力を持つ「関銀屏」も欲しいところ。また、若干火力に不安があるため、火力補助の「マドゥ」も、と考えると、調整可能な枠は残りの『1枠』となります。

選択肢はかなり広い

調整枠こそ少ないですが「イフリート」の枠はかなり選択肢があります。防御力減少をループしつつ妨害もできる「ヒノカグツチ」やより耐久面を強化できる「義烈の武皇神・ヤマトタケル」、環境に刺さりやすいバインドが打てる「火の古老・エルドラ」など。火属性であれば自由に組み込めるため、実際プレイしてみたときに気になったポイントを補助できるモンスターをチョイスしてみましょう。

ヒノカグツチ


火の古老・エルドラ


大まかな立ち回り

送りつけと高回復で守り切る

この編成の勝利パターンは、「ヴァルテン」「バルバドス」を使い相手に火・回復を送りつけ動きを止めつつ、自身にも生成した回復で安全に守りを固め守り切るという流れ。余程相手に落ちコンが乗るなどのイレギュラーさえなければほぼ確実にリードを奪えますが、どうしても落としたくない1本であれば「関銀屏」も合わせて使いより確実に狙いにいくのもありです。

ただし、可能であれば「関銀屏」は単体でも耐久力が凄まじいため、個別で打つのがベスト。この編成は攻撃倍率のこともあり、火力面に若干不安もあるためなおのこと。
極力相手の盤面が火に溢れる、かつ陣や変換で上書きしてこないタイミングを狙って「ヴァルテン」「バルバドス」のコンボを決めていきましょう。

守りは1〜2ターン

上述の通りこの編成の止め札は2種類。この2種類で守りをガッツリと固めていくため、その他のターンは全力で火力に回してしまって問題ありません。突破の確実性を上げるためにも、火力を底上げしてくれる「イフリート」「マドゥ」はターンをズラして使うのがベスト。自分の今の盤面で相手をしっかり抜けるか、そこを見極めることがこの編成にとって重要なことになってきます。

最新情報まとめ パズバト攻略DBトップ
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

a48765cb4682ba46ed583d50ef86ed5e_400x400 パズドラくん(@pdkun
回復と送りつけのマリアージュ。

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
攻略サイトはこちら!




Source: 最新NEWS

コメント